あけました。


おめでとうございます。





今年のお正月は
いつもより ゆっくりと過ごすことができ
家族とたくさんの話もできた
いいお正月となりました。


実は
正月早々
元旦早々
大げんかをしました




ちょっとした
言い方
ちょっとした
タイミング



が悪かったよね



と 
弟に言われたけれど。。。




今まで
家族で何回喧嘩したんだろう






こうあってほしい

こうあるべきだ



そんな自分の思いと
違う意見や違う結果がかえってきたりすると

悲しいし
悔しい。





それが
自分の思いが強かったり
それが
伝えられる相手であったりすると


自分の思いを押し通そうと


つい感情的になる。


だって
どう考えてもこれが正しいでしょ!

自分の「正しい」を押し付けてしまった。













それについて
また
2日経って昨日

おそくまで
父や弟は
まだ飲むか!!!!というくらいまで
お酒を飲み
遅くまで話した


母はまた泣いてた(うれし泣き)

元旦は私が泣いた(悲し泣き。怒り泣き)


父は喜んだ
母も喜んだ





弟は



飲んでた


かなり。。。。





親が
喜んでたことが
うれしかった










元旦早々、
してしまった けんか。。。


しかし、


してよかったーーーーー

と思えるくらいの
いろんな話ができた。


結局答えは

「なるようになる」

なんだけど。









いろんな話ができてよかった今回のお正月。

帰ってよかった。

自分の思ったことを伝えてよかった



けんかしたときは
「帰るんじゃなかった。」
「言うんじゃなかった。」

だった。







いろんなことが起きるこの世の中で

この人生で


わたしは
自分自身が
「今」思う
正しいことや
自分の信じることを伝えたり
それを行うことは


とても大きな喜びを返してくれる




そう思ってる。




何が正しいのか
どうするべきなのか
たくさんの決めなければいけないことは人生の中で何度もやってくる


どのこたえも間違いじゃなく
たくさんの正解がある






その中で
わたしは自分の信じる道をちゃんと素直に選択していきたい



正しいと思うことは「絶対的」じゃなく
出会ういろんなことが教えてくれる
自分にとっての「正しい」ことは
時が流れて 
自分の中でもそこは変わるかもしれない



私にとっての正しいことは
誰にとっても正しいこととは限らない



誰かのためにと思うことは
そもそも
それも自分がしたいこと


「誰かのため」は

自分のため




「誰かのために」
することが
絶対に誰かのためになるとは限らない







でも

自分が信じるその道を
素直に選ぶこと


自分の信じることを 素直に信じること





それでいいと思った。






なかなかあつく激しいお正月となりましたが


今年一年
すべてのことへの感謝と 愛あふれるすばらしい一年となりますように。




今年もどうぞよろしくお願い致します。






よが屋☆るる

みぽ